ASA-エアロフィラメント
ASA-エアロフィラメント
ASA-エアロフィラメント
ASA-エアロフィラメント
ASA-エアロフィラメント
ASA-エアロフィラメント
ASA-エアロフィラメント
ASA-エアロフィラメント

ASA-エアロフィラメント

通常価格$39.99
/

/ja/policies/shipping-policy '>送料はチェックアウト時に計算されます。

出荷元
  • 在庫あり、発送準備完了
  • 途中の在庫

概要:

QIDI ASA-Aeroは、航空機モデル、船舶モデル、ドローンなどの分野向けに特別に開発された軽量の3Dプリンティングフィラメントの一種です。ASA-Aeroは、印刷プロセス中にノズルの温度を調整することで材料の発泡率を制御し、ノズルから押し出される材料の密度を一定範囲内で調整できるようにします。この技術により、モデルの重量を簡単に軽減できます。最良の場合、通常のASAで印刷されたモデルの重量を50%まで減らすことができます。さらに、印刷された表面のマットな質感は、印刷層の視認性を低減し、滑らかな表面仕上げを実現します。

  • オンデマンド発泡技術
    QIDI ASA-Aeroは、印刷プロセス中に発泡剤の助けを借りて発泡を開始するASAフィラメントの一種です。印刷前のASAフィラメント内の発泡剤は未活性状態にあり、印刷プロセス中に印刷温度を調整することで、発泡剤の発泡率を簡単に制御できます。最大発泡率は250%に達します。
  • 同時に、QIDI ASA-AeroはASA材料の元々のUV耐老化性と高耐熱性を保持しており、高温の屋外環境での長期使用に適しています。

フィラメントガイド(QIDI Wiki)

推奨印刷条件:

推奨ノズル径 ≥0.4 mm
印刷速度 30-90 mm/s
推奨ビルド表面処理 PEIフィルム
ビルドプレート温度 80-110°C
ラフト分離距離 0.18-0.2 mm
冷却ファン速度 0%-50%
リトラクション距離 NO
リトラクション速度 /
推奨サポート材 /
追加の提案
1.ASA-Aeroは「オンデマンド発泡」技術を採用しているため、印刷プロセス中に加熱されるとノズル内でフィラメントが膨張し続けます。そのため、ノズルの移動中に避けられないストリングが発生します。スライスソフトウェアでリトラクション設定を調整してもこの問題は解決できません。以上を踏まえ、リトラクション設定をオフにすることをお勧めします。
2.ASA材料はガラス転移温度が高いため、印刷中に印刷部品の内部応力を解放し、反りを減らすために一定の環境温度(40-70°C)が必要です。断熱なしで薄壁モデルを印刷する場合、印刷部品の強度を確保し、収縮を減らすために直径0.6mm以上のノズルを使用することをお勧めします。
3.ASA-Aeroフィラメントで印刷する際は、同封されたプリンターを換気の良い環境に置いてください。